仕事の経験はいずれ財産になる

公開日時 登録者 webmaster

仕事と報酬の関係は会社の利益に貢献しその利益の分配を受けるものです。一人で会社を設立し一人で仕事をすれば利益は全て自分のものです。

この考え方を持っていると仕事に対するとらえ方が変わって来ます。給与が少ないとか残業が多い、休みが取れないなどの愚痴は先ほどの考え方を持っていれば全く気にならなくなります。独立して自分でやれば休んだり、早く終わると収益が減る、というのがわかります。

つまり将来独立してやろうという気持ちさえ持っていれば、今やっている仕事が楽しくなるはずです。それは給与を貰いながら自分のスキルアップや技術の習得、その他経営から仕入れ、販売などのノウハウが習得できます。また営業職などとなると色々な会社や色々な人とめぐり合えます。色々な会社のやり方や色々な人の考え方が次々自分モノになってゆきます。

将来的に独立しなくとも、こういう考え方で日々の仕事をしてゆくと人間的にも成長します。雇われている気分が薄れてくるのです。

多くの人は会社にぶらさがっています。しかし仕事を通じて自分を成長させると、将来の自分の方向性や選択肢は大きく広がります。転職も独立も怖くなくなります。
自分は今までこんな気持ちで仕事をやってきました。そしていい転職先も見つけました。
このように仕事とはやらされるものではありません。自分からやるものです。