派遣という働き方の是非

派遣社員はおすすめ出来ない

『派遣社員』という立場に対して、様々な感想を抱く人がいると思いますが、わたしにとっては経験上、おすすめ出来ない働き方の一つです。

30代半ば、いわゆるロストジェネレーションと呼ばれるわたし達の同世代は、あのリーマンショック後の就職難が叫ばれた頃よりも厳しい就職氷河期に大学を卒業しているため、他の世代以上に男性も女性も『派遣社員』の多い世代だと思います。そんな中で、もちろんわたし自身も長年派遣社員として働いていますが、日々の生活に不安を抱えたまま働くのは非常にストレスが溜まります。特に、自分よりも下の世代が普通に正社員として保障のある暮らしをしているのをみるたびに、時代のせいにはしたくないけれど、やはり恵まれない時代の犠牲にされたと考えてしまいます。

会社は派遣社員に成長を求めません。つまり、どれだけ長時間、長期間働いても必要がなくなれば切り捨てられ、また少し健康を損なって休みをとっただけでも評価は下がりやすくなります。さらに、派遣社員としてどれだけスキルを重ねたとしても、就職活動でそれが評価されることは殆どありません。

終身雇用という夢の欠片だけが残った現代の日本において、派遣社員で働きながらいつも感じるのは正社員の優遇性、そして職場での様々な差別の厳しさとともに、本来『スペシャリスト』であるはずの派遣社員が、ただの使い捨てとして雇用されている事実にやりがいを全く感じなくなっています。

また、女性の既婚者にとっては本来、派遣社員というのは働きやすい方法であるはずですが、結婚前の面談では『結婚、子作りのご予定は?』と聞かれ敬遠されたり、結婚後であれば妊娠の可能性があるのでそれとなく外されたり、また勤務期間中に妊娠した場合正社員と違って産休制度がないために、出産後の保育園探しにも難航すると聞きます。そのたびに、やはり派遣社員で働くのはやめよう、と正社員雇用の道を探すのですが先述の通り、派遣社員としての雇用期間や業務内容を評価されることがあまりないために、これまた難航します。

この、負の連鎖に陥らないためにも、正社員に憧れながら就職出来ず長年派遣社員として勤め正社員として就職できるなら絶対に派遣社員にはなるな、とわたしは思っています。
いま、派遣社員として働いている人は、できるだけ若いうちにぜひ正社員の道を探してくださいね。

色々な派遣会社

薬剤師の私は色々な派遣会社で、色々な仕事をやってきました。私は当時25歳でした。本当に色々な派遣会社を利用してきましたが、比較的良かったのは医療情報大手で定番と評判の薬キャリと口コミで派遣では鉄板と言われているファルマスタッフあたりでしょうか。それ以外のところは正直イマイチなところが多かったような気がします。

イマイチだった例を挙げると・・・紹介された仕事は、大手チェーン薬局の調剤でした。派遣会社の所長と一緒に見学にいきました。 一晩、考えた末私は当日断りの電話を入れました。それからというもの全く仕事を紹介してもらえませんでした。

やっと紹介してもらった先はとても重労働で休憩もなし、それほど忙しい現場でした。しかし、一生懸命に働きました。すると、そこの現場のリーダー(派遣の)が私を気に入ったらしく、派遣会社に私を指名したらしく、私に派遣会社から、電話があり、明日もそこの現場に行ってくれと言われ、まぁ顔繋ぎにと承諾しました。

そして、その現場と派遣会社の契約が切れたらしくそこの現場は終わりました。そして別の仕事を紹介してもらいました。その現場は僕ともう一人が派遣でした。なかなかキツイ仕事だったのですが一応こなすことができました。そしたら社員さんの方から私の事を指名してきたらしいのです。それからというもの、かなりの現場に行かされましたが、かなりの確率で指名を頂いた様で、最初はぶっきらぼうだった派遣会社の所長もフレンドリーに話しかけてきまして、私の要望にも答えてくれる様になりました。

学生時代、薬剤師とは全く関係のないガテン系の仕事で厳しくされたのが要因の一つで、後はハングリー精神があったからだと思います。これから派遣をしようとしている方に一言。頑張れば良いことありますよ。ハングリー精神を持ちましょう!